おすすめ絵本

おでかけのまえに

子どもの気持ちが、すごくわかる本。
絵本に出てくる大人度の高い両親に感銘しました!

 

担当:稗田


おすすめ絵本

はくしゅぱちぱち

自分以外のものを認める。大事な事ですよね。
赤ちゃんはこの本見ると手を叩くのが不思議

担当:ひえだ


おすすめ絵本

くっついた

ページをめくると、いろんな動物たちが「くっついた」

最後は、おかあさんとわたし、おとうさんがくっついた!

読み終わった後、同じように赤ちゃんに「くっついた」ってすると、すごく喜びます。

親子のふれあいの一冊にオススメです。

 

 


おすすめ絵本

チリとチリリ

チリとチリリシリーズの1作目。7作目まであります。

双子のチリとチリリが自転車にのって出かけます。

とにかく、絵が可愛い。

そして、美味しそうなものが次々に。

森の喫茶店での「すみれティー」に、森のサンドイッチやさんの「はちみつパンのくわのジャムサンド」。

思わずお腹が鳴りそうです。

シリーズ通して、絵の色使いがとてもきれいで、描写が細かいので、絵の隅々まで楽しめます。

娘に初めての自転車を買ったときに一緒に買った本です。

自転車でのおでかけが楽しみになる一冊です。


おすすめ絵本

わたしのワンピース

うさぎさんが野原で拾った真っ白な布。ミシンでワンピースを作ります。

「ミシン カタカタ ミシン カタカタ」

「ラララン ロロロン」

リズム感のある繰り返しの中で、次から次へと変わるワンピースの模様。

夢のある、素敵なファンタジーです。

発刊1969年。40年以上続く、ベストセラー絵本。

私も子どものころに何度も読み、娘にも何度も読んだ思い出の一冊です。


おすすめ絵本

うさぎのくに

とにかく、うさぎがいっぱい!

うさぎのくにで楽しく暮らしているうさぎたち。

あるひ、あるものを見つけます。

うさぎたちはどうするでしょう?

うさぎが赤色、その他のものは黒色で描かれています。

とにかく、うさぎの動きがユーモアです。

実は、うさぎは「ハンコ」で描かれているそうで、6種類しかありません。

でも、今にも動き出しそうなうさぎ達。

絵を楽しめる絵本。ぜひ一読を!


おすすめ絵本

さかさことばでうんどうかい

回文がおもしろい絵本。

回文の面白さを楽しむのであれば、5歳くらいからがオススメですが、

そうでなければ、生き生きとした動物の絵を見るだけでも楽しい絵本なので、

2歳くらいからでも読み聞かせできると思います。

小学生以上~、大人でも楽しい回文。ぜひ楽しんでみてください。

 

 


おすすめ絵本

くだものだもの

言葉あそびが楽しい絵本。

”マンゴーのまご まごまご まいご”

”もしもし すももの おすもうさん”

”カキにきかれた せなかのかきかた”

言葉に合わせた絵も面白くてわかりやすく、大人も楽しめます。


おすすめ絵本

いちねんせい

ことばがいっぱい詰まった一冊。はじめての学校、授業で色々な知識をすいとる時に、ことばの語彙力はもちろんリズム感だったり、おもしろい!と思わせたら👌
☆かつて理事長から息子にといただいた一冊です。


おすすめ絵本

はじめてやいたすてきなケーキ

やまねのおうちの周りの景色の中に入りこんでしまいそうな錯覚を覚え、内容とともに想像力がふくらみます。